入会案内

辟雍会入会のお願い     

『東京学芸大学辟雍会』は、2003年の11月3月日に設立されました。これまで本学の同窓会としては一般社団法人「東京学芸大学同窓会」があり、現在も重要な活動が取り組まれておりますが、これは東京都の教員の同窓会組織です。

それとは別に、地域・職域を超えた、全国的規模の同窓会組織が必要かつ重要であるという認識に基づき、長い準備期間を経て、2003年の秋に、『辟雍会』の創立に漕ぎつけました。ちなみに「辟雍」とは、『礼記』に記されている古代中国の最初の高等教育機関を意味します。

大学をめぐる状況は大きな転機を迎え、周知のように本学も2004年4月から法人化されました。日増しに厳しくなる教育研究環境の中で、研究と教育と経営の新しい戦略が求められており、卒業生の皆さんとのダイナミックで豊かな相互関係の構築は、今後の大学経営に不可欠の要素となっています。本学を支える裾野として『辟雍会』が発展していくことが切に望まれています。

『辟雍会』は、卒業生のみならず、在校生や本学教職員および教職員OB・OGも含めて組織することになっています。ぜひこの機会に、関係者の皆さんに『辟雍会』にご入会いただき、同会の活動の強化にお力添え下さいますようお願い致します。

卒業生の皆さんの大学への期待や要望に応え、大学の知的資産を大きく開き、活用していただく上でも、また、大学の方から事業や計画への参画・協力を呼びかけていく上でも、多くの方々に『辟雍会』の会員となっていただき、 『辟雍会』を支えあっていくことが重要です。

「会員相互の親睦を図ると共に、広く教育および文化の振興と発展に寄与する」という趣旨にご賛同いただき、大いなる可能性を秘めているこの辟雍会の発展に是非ともご尽力いただきたいと思います。

東京学芸大学に集い、あるいは集う時間を共有された皆さんは、『辟雍会』の趣旨をご理解いただき、ご入会下さいますよう重ねてお願い申し上げます。


辟雍会への入会手続きについて

辟雍会は、同窓生を中心に、在校生、教職員及び教職員OBをも包括した、本学関係者により組織される団体です。
関係者各位におかれましては、その設立趣旨にご理解をたまわり、是非とも入会していただきたく、ここに手続きについてご案内を申し上げます。

○ 入会手続きは、別紙の「申込書」に必要事項を記入し、

 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
 東京学芸大学内 20周年記念飯島同窓会館2階 辟雍会事務所

宛に、送付してくださいますようお願いいたします。
「入会申込書」は、メールまたはFAXで送付されても構いません。

メール:hekiyou@u-gakugei.ac.jp

TEL/FAX 042-321-8820


辟雍会申込書

★辟雍会申込書と会費納入書のダウンロード  PDFファイルWORDファイル

○ 会費は終身会費として、2万円の一括納入となります。一括納入が困難な場合は、一回当たり5千円以上の分割納入も可能です。

○ 会費納入は、別紙の「会費納入書」に現金を添えて、「辟雍会申込書」の送付先へ送付してくださいますようお願いいたします。また、郵便振替もご利用いただけます。

<口座番号 00120-3-314850、加入者名は、東京学芸大学辟雍会>


<本件問合せ先>

東京学芸大学 辟雍会
東京学芸大学 20周年記念飯島同窓会館 2階
TEL/FAX 042-321-8820