近県学校等訪問事業―埼玉県コース

 学生が近県の学校訪問をして、そこで実際の授業を観察し、先生の話を聞いて将来の教師の姿を描くプログラムが、大学(キャリア支援課)と辟雍会の共同事業として始まりました。今年度は4回を予定していますが、9月21日(木)にその第1回として「埼玉県コース」が実施されました。学生は1~3年の3人です。引率は大学の椿真知子教授、辟雍会の臼木信子副会長(学校連絡を担当)、小澤一郎広報部長でした。訪問校は閑静な住宅街にある富士見市立つるせ台小学校(富士見市鶴瀬)です。

初めに